大幅に進化を遂げたiPhoneX

iPhoneXは「全てがスクリーン」をウリにしており、画面下部にあったホームボタンが初めて廃止されました。iPhoneシリーズの象徴とも言うべき存在を消滅させたことは、ある種の革命とも称される出来事として話題を集めました。

iPhoneXでアプリ操作中にホーム画面へ戻る場合は、画面下を指でスライドさせます。
これによりホームボタンを押すのと変わらない直感的な操作でホーム画面を開くことができます。

真剣にiPhoneXの最新情報ならこちらを参考にしてください。

ディスプレイには有機ELが採用され、色の発色やコントラスト比が大幅に向上しました。



解像度は2436×1125で、ディスプレイのサイズは5.8インチです。

デザインで特徴的なのはディスプレイの四隅が直角ではなく、緩やかにカーブしている点でしょう。

またベゼルレスとなっており、大きな画面でWEBページの閲覧や動画の視聴を行うことが可能になりました。
搭載されているチップは新たに開発されたA11Bionicで、毎秒最大で6000億の演算処理を行えるエンジンとされています。

CPUは6コアとなり70%の高速化を実現し、GPUは約30%も性能がアップしました。iPhoneXはデザインが洗練されただけではなく、画質や操作性の向上、そして処理能力の大幅な進化など、あらゆる点で次世代型のスマートフォンとなりました。
iPhoneは他にもシリーズを発表していますが、より高性能な機種を求めているのであれば、iPhoneXが最適です。